時には、がっつり

ふだんはおいしいものを少しずつ派だけど…

essay 「食べ物について」 (日本語教師教養サプリ)

食べ物について
 
 食品の偽装表示が問題になっている。そんな折、私はNHKの朝の連続ドラマ『ごちそうさん』を楽しんでいる。連続テレビ・ドラマを楽しむのはほんとうに久しぶりだ。もちろん独特の人間ドラマが面白い。さらに、東京と大阪の味覚や料理の違い、東京の洋食屋と大阪の旧家の家庭のあり方の違い、そして、現代と大正という時代の違いなど興味がひかれることが多い。そして何よりもよく出来ている脚本、演出、役者の演技についついひきこまれて見せられてしまう。
 
 食べ物といえば、この秋久しぶりに長崎に帰省して舌鼓を打つことができた。長崎の食べ物にはちゃんぽん、皿うどんトルコライスミルクセーキ、長崎おでん、角煮マン、一口香からしレンコン、卓袱料理などがあるが、口にしたことがあるのはいくつありますか。
 
 
イメージ 1
 
 
 そのなかで、大村寿司は、500年ほど前に起源のある、私の生まれ育った大村市に伝わる郷土料理です。木箱(もろぶた)に炊きたての米飯を広げて魚の切り身やカマボコやシイタケなどの具材を挟みこみ、さらにそれを挟むように飯や具を乗せた押し寿司の一種です。誕生日や節句などのめでたい時、また来客の饗応にも出されていました。大村寿司といえば鮮やかな錦糸卵と赤い生姜の対比の色合いが思い浮かび、晴れやかでうきうきした気分になります。
 
 また、カステラはこれも500年ほど前にポルトガル人によって長崎に伝えられたそうです。なんでも、ポルトガル語の「パオ・デ・カスティーリャ」が語源であり、「カスティーリャ地方のパン」の意味だそうです。さらに、カスティーリヤという地名はラテン語で「城」を意味する語(英語ではcastle)が由来で、城塞が多い地方という意味だそうです。カステラというと文明堂や福砂屋が有名ですし、おいしいですよね。私の住んでいる町には、カステラ職人が出している店があり、祝い事やお使い物(贈り物とも進物とも言う)に昔から利用している。カステラは卵を材料にしていて栄養があるということで、病気見舞い用に使われていました。戦後引き上げ後の苦しい私の一家を物心両面で支援してくれた父の姉(おば)が腎臓を患って、温泉地の病院に入院していたのを見舞いに行きました。その時カステラを持っていたことを、なぜだか覚えています。その後間もなくしてそのおばは他界しました。カステラを目にすると、おばを巡る思い出や見舞いに行ったときの様子を思い出してしまいます。
 
  『ごちそうさん』を見ながら、生きることは食べることであり、食べることを大事にすることは「もの」や「こと」、そして「ひと」を大事にすることなんだなあと思ったりします。また、食べることは、単に空腹を満たし、快楽を得る行為ではなく、心を育み豊かにするのだなとも思ったりします。
 
== 日本語教室外国人学習者向け会報掲載 2014/6 ==