時には、がっつり

ふだんはおいしいものを少しずつ派だけど…

古今の草子を(枕草子/二十段) もっと、深くへ ! (日本語教師教養サプリ)

 古今の草子を御前に置かせ給ひて、歌どもの本を仰せられて、「これが末、いかに。」と問はせ給ふに、すべて、夜昼心にかかりておぼゆるもあるが、けぎよう申し出でられぬは、いかなるぞ。宰相の君ぞ十ばかり、それもおぼゆるかは。まいて、五つ、六つなどは、ただおぼえぬよしをぞ啓すべけれど、「さやは、けにくく、仰せ言を映えなうもてなすべき。」と、わび、くちをしがるも、をかし。知ると申す人なきをば、やがてみな読み続けて、夾算せさせ給ふを、「これは、知りたることぞかし。などかう、つたなうはあるぞ。」と言ひ嘆く。中にも、古今あまた書き写しなどする人は、みなもおぼえぬべきことぞかし。
 
 『古今和歌集』の綴じ本を(中宮様は)ご自分の前にお置きになって、歌の上の句を仰せになって、「この下の句は、何。」とお尋ねになるのに、総じて、夜昼、念頭にあって覚えている歌もある(のに、それ)が、すらすらとお答え申し上げられないのは、いったいどうしたわけか。(才女の誉れ高い)宰相の君は十ほど(お答えになるが)、それだって覚えているうちに入るだろうか、いや、入るまい。まして、五つ、六つ程度では、(覚えていても)「全く記憶にありません。」と中宮様にお答えするほうがよさそうだが、「そんなふうに、ぶっきらぼうに、(中宮様の)ご質問の興をそぐような返事ができましょうか、いいえ、できません。」と、女房たちが愚痴を言い、悔しがる様子も、おもしろい。知っていると申し出る人のない歌は、そのまま下の句まで読み続けて、(中宮様が)その場所にしおりをおはさみになるのを、「これは、知っている歌だわ。なぜこんなに、できが悪いのかしら。」と嘆息する。中でも、『古今集』をたびたび書き写しなどする人は、全部でも思い出して当然のところだわよ。
 
 
イメージ 1
 
 
 「村上の御時に、宣耀殿の女御と聞こえけるは、小一条の左大臣殿(師尹)の御娘におはしけると、たれかは知り奉らざらむ。まだ姫君と聞こえけるとき、父大臣の教へ聞こえ給ひけることは、『一つには、御手を習ひ給へ。次には、琴の御琴を、人よりことに弾きまさらむとおぼせ。さては、古今の歌二十巻をみなうかべさせ給ふを、御学問にはせさせ給へ。』となむ、聞こえ給ひけると、聞こしめし置きて、御物忌みなりける日、古今を持て渡らせ給ひて、御几帳を引き隔てさせ給ひければ、女御、例ならずあやしとおぼしけるに、草子を広げさせ給ひて、『その月、何の折、その人のよみたる歌はいかに。』と問ひ聞こえさせ給ふを、かうなりけりと心得給ふもをかしきものの、ひがおぼえをもし、忘れたるところもあらば、いみじかるべきことと、わりなうおぼし乱れぬべし。その方におぼめかしからぬ人、二、三人ばかり召し出でて、碁石して数置かせ給ふとて、強ひ聞こえさせ給ひけむほどなど、いかにめでたう、をかしかりけむ。御前に候ひけむ人さへこそうらやましけれ。
 
 
 (ここで中宮様はこんな話をなさる。)「村上天皇の御代に、宣耀殿の女御と申し上げたお方は、小一条の左大臣殿〔藤原師尹〕のご令嬢でいらっしゃると、だれもが存じ上げているであろう。まだ(入内前で)姫君と申した時に、父大臣様がお教え申し上げなさったことは、『まず第一には、お習字の練習をなさい。次には、七弦の琴を誰よりいちだん功みに弾けるようになさいませ。それからまた、『古今集』の歌二十巻全部を暗誦なさるのを、学問にはなさいませ。』と、お教え申し上げなさったと、(村上帝は)かねて耳にしておられて、ちょうど御物忌みであった日、『古今集』をお持ちになって女御のお部屋にいらっしゃって、(間に)御几帳をお引き隔てになったのよ。それで、女御は、『いつもと違って変だわ。』とお思いになったところ、(村上帝は)草子をお広げになって、『某月、何々の折、だれそれがよんだ歌はどういう歌か。』とお尋ね申し上げなさるのを、(女御は)『こう(して『古今集』の暗誦を試してみようというお考え)だったのだわ。』と合点なさるにつけてもおもしろいことではあったが、『覚え違いがあったり、忘れた歌でもあったら、たいへんなことだわ。』と、ひどくご心配になったことでしょう。その方面に熟達した女房を、二、三人ほどお呼び出しになって、碁石で(正答・誤答の)数を置いて数えさせようとなさって、無理にご返事をお求め申し上げなさった様子など、どんなにすばらしく、おもしろい情景だったでしょう。その折に御前に控えていた女房たちのことまでうらやましいわねえ。
 
イメージ 2
 
 せめて申させ給へば、さかしう、やがて末まではあらねども、すべてつゆたがふことなかりけり。いかでなほ少しひがこと見つけてをやまむと、ねたきまでにおぼしめしけるに、十巻にもなりぬ。『さらに不用なりけり。』とて、御草子に夾算さして大殿籠りぬるも、まためでたしかし。
 
 
 (帝が)無理に(女御に)返事をおさせになると、利口ぶって、そのまま下の句まで(お答えするの)ではなかったけれど、一つとして全く間違うことはなかったという。(帝は)『どうかしてやはり少しでも誤りを見つけて終わりにしよう。』と、(女御のあまりに立派な答えぶりに)ねたましいとまでお思いにな(ってこの試験をお続けにな)るうちに、(半分の)十巻にまでなってしまったの。『全くむだ骨折りだったなあ。』とおっしゃって、(帝は)御草子にしおりをはさんで(お二人で)寝室にお入りになったのも、(仲のむつまじくて)またすばらしいことだわ。
 
イメージ 3
 
 せめて申させ給へば、さかしう、やがて末まではあらねども、すべてつゆたがふことなかりけり。いかでなほ少しひがこと見つけてをやまむと、ねたきまでにおぼしめしけるに、十巻にもなりぬ。『さらに不用なりけり。』とて、御草子に夾算さして大殿籠りぬるも、まためでたしかし。
 
 (帝が)無理に(女御に)返事をおさせになると、利口ぶって、そのまま下の句まで(お答えするの)ではなかったけれど、一つとして全く間違うことはなかったという。(帝は)『どうかしてやはり少しでも誤りを見つけて終わりにしよう。』と、(女御のあまりに立派な答えぶりに)ねたましいとまでお思いにな(ってこの試験をお続けにな)るうちに、(半分の)十巻にまでなってしまったの。『全くむだ骨折りだったなあ。』とおっしゃって、(帝は)御草子にしおりをはさんで(お二人で)寝室にお入りになったのも、(仲のむつまじくて)またすばらしいことだわ。
 
イメージ 4
 
 『上、渡らせ給ひて、かかること。』など、殿に申しに奉られたりければ、いみじうおぼし騒ぎて、御誦経などあまたせさせ給ひて、そなたに向きてなむ、念じ暮らし給ひける。すきずきしう、あはれなることなり。」など、語り出でさせ給ふを、上も聞こしめし、めでさせ給ふ。「我は、三巻、四巻だにえ見果てじ。」と仰せらる。「昔は、えせ者なども、みなをかしうこそありけれ。」「このごろは、かやうなることやは聞こゆる。」など、御前に候ふ人々、上の女房、こなた許されたるなど参りて、口々言ひ出でなどしたるほどは、まことに、つゆ思ふことなく、めでたくぞおぼゆる。
 
 
 『帝が、女御のお部屋にいらっしゃって、こういう試問を(お始めになりました)。』などと、父の殿にご注進申し上げに(使いを)遣わせなさったので、(師尹様は)たいへんご心配になって、あちこちの寺に依頼して(祈祷のための)読経などをおさせになって、娘のいる宮中の方角に向かって、一晩中(失敗のないようにと)祈り続けなさったそうよ。風流なことでもあり、また(親の子を思う気持ちに)しんみり心打たれることですね。」などと、中宮様がお話しなさるのを、一条帝もお聞きになって、ご賞賛になる。(一条帝は)「私なら、(あなたの教養を試すのに、)三巻か四巻さえ読み終える根気はないだろうね。」と仰せになる。(女房たちは)「昔は、(女御などはもちろん、)身分の低い者なども、みな風流を身につけていたのだわね。」「当世は、こんなすばらしい話は耳にしないわ。」などと、中宮様の御前に侍っている女房や、主上(一条帝)付きの女房で、こちらの御前に出るのを許されている人やらが参って、口々に称賛の言葉を述べなどしている様子は、本当に、何の不足もなく、すばらしいに思われた。
 
 
Impressions
 
 ● 「物忌」とは、暦の上や占いや夢見の見立てなどから「凶」の期間、外出を控え謹慎すること。近代合理主義=モダンのパラダイムで考えたり行動している現代の私たちには奇妙な習慣にみえますね。でも、モダンに続くポスト・モダンからみると近代合理主義が未熟で奇妙に見えることになるのでしょうか。
 
  村上帝の宣耀殿の女御への試問、 時間をもてあましがちな「物忌」だからこそ行われたこと。「物忌」の期間を天皇や后妃や仕えていた女房たちが宮中でどう過ごしていたのかが、リアルかつ詳細に描かれていて興味深い。AIやイノベーションやロボットの進化によってしなければならない仕事がなくなったポスト・モダンの人間がするのは、これに類似することやartなのでしょうか…?
 
 
 ● 文字を持たないアイヌ族の婦人が、自らの神話を延々と暗誦しているのを目にしたことがあります。また、字が下手だからといって文字で記録することを避けていた人が、記憶力が常人を越えて強いことに驚かせられたこともあります。「枕草子」が書かれた時代、もちろん、印刷技術はなく、詩文や経文を読みたければ数が限られる写本を手に入れるしかない。また、紙そのものが高価なもの。定子に仕えるほどの女房たちなら、「古今集」の歌千百首余の多くを諳んじていたでしょう。
 
   「古今の草子を」1/2での定子の試問に対する女房たちの正答率が低いのは、后妃を前にしての緊張?…さらに、間違えたらどうしようと平常心を失っているためか…?「古今集」を書写することを仕事にしている女房も満足に答えられないとは…?ひどく動揺しているのか…?
 
 
 ● 定子の試験(「古今の草子を」1/2)は、この「古今の草子を」2/2で、一条帝の祖父帝(村上帝)をモデルにしたものと明かされる。1/2は2/2の伏線となる試みだったことがわかります。
 
  村上帝の宣耀殿の女御への試問は、『その月、何の折、その人のよみたる歌はいかに。』と詞書からその歌を答えさせるもので、上の句を言って下の句を答えさせる定子のものより難易度が高い。宣耀殿の女御はよどみなく完璧に、しかも、控えめな言い方で答えた。宣耀殿の女御の教養の深さ、そして、上品優雅な人柄が偲ばれます。定子の試問に正答率の低かった女房たちの目指すべきモデルともなっている。
 
 
 ● 宣耀殿の女御の父左大臣が娘のために祈祷させたというエピソード、受験を控えた子どものために天満宮などに参拝祈願する現代の親を連想させ、1000年前も子を思う親心は変わらないのだなあと思います。
 
 
 ● 定子の巧みに語られる話に、一条帝はとても感銘を受け、女房たちも感動している。と同時に、定子は、女房たちがいっそう教養を深めようと自ら思うように仕向けているようにも思われる。しかも、押し付けがましくなく、聞いている人たちが楽しめるような話し方で。
 
   そんなすばらしい定子に仕えられていた作者の満ち足りた気持ちがこの章段を書かせているようです。
 
enjoy next anime ~ 枕草子香炉峰の雪」(第284段)
 
 
 

 

 

 
 
 

高校国語学習支援サイト】向け