時には、がっつり

ふだんはおいしいものを少しずつ派だけど…

若宮誕生(紫式部日記)Seek Deeply! もっと、深くへ!

 次の文章は、寛弘五年九月一条天皇中宮彰子が男子を出産して一か月ほど経ったころの記事である。

 
 ORIGINAL TEXT
 
 十月十余日までも、御帳出でさせ給はず。西のそばなる御座に、夜も昼も候ふ。殿の、夜中にも暁にも参り給ひつつ、御乳母の懐をひき探させ給ふに、うちとけて寝たるときなどは、何心もなくおぼほれておどろくも、いといとほしく見ゆ。心もとなき御ほどを、わが心をやりて、ささげうつくしみ給ふも、ことわりにめでたし。あるときは、わりなきわざしかけ奉り給へるを、御紐ひき解きて、御几帳の後ろにてあぶらせ給ふ。「あはれ、この宮の御しとにぬるるは、うれしきわざかな。このぬれたる、あぶるこそ、思ふやうなる心地すれ。」と、喜ばせ給ふ。
 中務の宮わたりの御ことを、御心に入れて、そなたの心寄せある人とおぼして、語らはせ給ふも、まことに心の内は、思ひゐたること多かり。
 
 行幸近くなりぬとて、殿の内をいよいよつくりみがかせ給ふ。よにおもしろき菊の根をたづねつつ、掘りて参る。色々うつろひたるも、黄なるが見どころあるも、さまざまに植ゑ立てたるも、朝霧の絶え間に見わたしたるは、げに老いもしぞきぬべき心地するに、なぞや。まして、思ふことの少しもなのめなる身ならましかば、すきずきしくももてなし、若やぎて、常なき世をも過ぐしてまし。めでたきこと、おもしろきことを見聞くにつけても、ただ思ひかけたりし心の引く方のみ強くて、もの憂く、思はずに、嘆かしきことのまさるぞ、いと苦しき。いかで、今はなほ、もの忘れしなむ。思ひがひもなし、罪も深かなりなど、明けたてばうちながめて、水鳥どもの思ふことなげに遊び合へるを見る。
  水鳥を水の上とやよそに見む我も浮きたる世を過ぐしつつ
かれも、さこそ心をやりて遊ぶと見ゆれど、身はいと苦しかんなりと、思ひよそへらる。
 
 
 
 
 

 

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
MODERN TRASLATION
 
 十月十日余りまでも、(中宮様はお産の後も)御帳(台の床)からお出になりません。(私どもは)西側の傍らにある御座に、夜も昼も控えてお仕えする。殿(道長様)が、夜中にも明け方にもお伺いになさっては、御乳母の懐をお探りに(なって皇子をおかわいがりに)なるので、(乳母が)くつろいで眠っているときなどは、何やらわからないで寝ぼけて目を覚ますのも、とても気の毒に思える。(皇子は)まだ頼りないご様子なのを、(道長様が)よいご気分で、高い高いをしてかわいがりなさるのも、当然のことながら結構なことである。あるときは、(皇子が)とんでもないことをしかけ申し上げなさったのを、(道長様は)濡れた御直衣の)御紐を解いて、御几帳の奥であぶりなさいます。「ああ、この皇子のおしっこで濡れるのは、うれしいことだなあ。この濡れたのを、あぶるのは、願っていたとおりという気分だよ。」とおっしゃって、お喜びになる。
 
 
 中務の宮に関する御ことを、(道長様は)ご熱心になさって、(私を)中務の宮家に心を傾けている人とお思いになって、ご相談になるにつけても、本当に(私の)心の中は、思案にくれていることが多い。
 
 
 帝の行幸が近くなったというので、(道長様は)お邸の内をますます美しく造作し手入れをなさる。実に美しい菊を見いだしては、根から掘って(人々が持って)参上する。菊のいろいろな色に変色しているのも、黄色で見どころのあるのも、さまざまな様子に植え並べてあるのも、朝霧のかかる切れ目にずっと見通しているのは、ほんとうに老いもなくなるにちがいないという気がするのに、どうしてだろうか。まして、もの思いが少しでも世間並みな人間であったとしたら、(このような折には)風流好みにも振る舞い、若い気分になって、無常のこの世をも過ごすことであろうに。すばらしいことや、興味を引かれることを見たり聞いたりするにつけても、ただ思いつめた憂愁が引きつける面ばかりが強くて、憂鬱で、思いに任せずに、嘆かわしいことが多くなるのは、とてもつらいことだ。なんとかして、今はやはり、もの忘れしてしまおう、思ってもしようがない、(思い悩むことは)罪深いことだというなどと、夜が明けてくると思いにふけりながら外を眺めて、水鳥たちが何のもの思いもない様子で遊び合っているのを見る。
 
 
  水鳥を水の上に浮かんでいる、自分に関係ないものと見ることができようか、いや、できない。この私も、水鳥のように浮いている不安定な生活を送っているのだ。
 
 
 あの水鳥も、あのように気ままに遊んでいると見えるけれど、それ自身は(水面下で懸命に足掻きをして)たいそうつらい生き方をしているようだと、わが身に思い比べられる。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
IMPRESSIONS & COMMENTARYS
 
 藤原道長は娘を4人も入内さ(天皇に嫁が)せ、天皇の外祖父(母方の祖父)として摂政になるなど権勢を誇りました。「この世をば我が世とぞ思ふもち月のかけたることのなきと思へば(この世は自分のためにあるようなものだ。望月(満月)のように足りないものは何もないと思えるから)」という歌を残しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 まず、長女の彰子を一条天皇に入内させ、のちに後一条天皇として即位することになる敦成親王が生まれます。問題本文はその誕生一か月後の記事。道長は、時間もかまわず乳児を抱きにやって来る。たかーい・たかーいをしておしっこをかけられ、「この濡れた衣服を乾かすのは最高の気分だ」と喜んでいる。道長絶頂期の一齣(ひとこま)である。だが、うとうとしている懐を探られる乳母が気の毒だと、紫式部はその様子をどこか冷めたような視線で描写しているように見えます。
 
 
 この後、天皇の御幸を控え、土御門邸はますます磨き立てられ、前栽(せんざい 庭の植え込み)には色とりどりの菊が植えられ見事である。しかし、作者はそれを見ても心浮き立たない。憂鬱で嘆かわしいことが多くなるのは辛いことだとも、池に遊ぶ白鳥を見ても、実は必死に足掻きをして苦しいのだろうと思ったりもする。地方官に就くチャンスを待ち不安定な受領階級(中流貴族)の悲哀を味わってきた作者は、国母ともてはやされる中宮に仕えていても、心が晴れることはないのか。最高の上流貴族の栄華と権勢の裏面には、見たくも聞きたくも知りたくもない醜悪な陰謀・術策が存在するのを知っているからだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この世の女性最高位といえる后に仕え、優れた作品を残した、同時代のライバルに清少納言がいる。この二人の出自は中流貴族で中宮に仕えている女房という共通の境遇であるが、残された作品からその資質・感受性が対照的なのが興味深い。例えば、「枕草子」の、道隆を祖とする中の関白家の絶頂の時期の一齣を描いたといえる「清涼殿の丑寅のすみの」では、その兄弟たちを畏敬称賛のまなざしを持って描き、菩薩様であるかのように尊崇の念を抱いている定子からおほめいただいた幸福を率直に語っている。現状肯定的で、ポジティブ・オプティズムな感性と言ってもいい。それに対して、紫式部はネガティブ・ペシミズムにものごとを感受し構成し描く傾向が強い。一方では、紫式部はネガティブ・ペシミズムな資質感受性ゆえに「源氏物語」という長編(原稿用紙2000枚)の物語を書き得たとも言えるのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 1000年も経た今日、この二人の作品を読むことができるのは幸運なことだと思う。自虐的歴史観に基づく言説が長年大手を振るってきたが、こんな体験ができるのは世界でもまれなことだと誇っていい。
 
 
 
 

 

高校国語学習支援サイト】向け