時には、がっつり

ふだんはおいしいものを少しずつ派だけど…

檸檬(梶井基次郎)2/2Seek Deeply!

 

  「檸檬」2/2をごく手短に要約します。

  寺町通りの果物屋で、ふと私は檸檬(レモン)を見つけて買う。その一顆(いっか)の檸檬(レモン)が幸福と充実感をもたらした。
        ↓
 檸檬を持って丸善に入った私から幸福が消えてゆく。しかし、積み重ねた画集の山の上に檸檬を置くと、緊張と調和がよみがえってくる。そして、丸善を出た私は、檸檬爆弾で丸善が爆発する空想を楽しんだ。


 この小説、どんなタイプの小説か理解するため、次の「檸檬」1/2で書いたこと、もう一度読んでみてください。





 

 『この小説、ここから人生の指針や生きる励ましや教訓などを読み取ろうとしても無意味、そんなタイプの作品だと考えたほうがよいと思います。そういう読み方をしていくと意味不明 に陥ることになるでしょう。この作品、もともとそのようなものを書こうというモチベーションは皆無といえます。もっとも、どんなことからも教訓を得ることが

できるといえば、それ まで否定しませんが…。

 ふつう、人生上の教訓や指針を得るためにモーツアルトを聴いているのではないでしょう。それではなんのため聴くの…?

 死に至る可能性の強い病を得、借金返済を迫られ、そのこととは別に、鉛そのもののようにずーんと重い気持ちから逃れられない、それまで好きだった、洗練され技巧が尽くされた音楽も詩も我慢がならなくってしまう。いたたまらなくて、放浪することとなる。そんな現実の私を忘れさせてくれるものは… と書かれている心理、境遇、行動、風景、イマジネーションを受け入れ、自分も「私」に付き合い、「私」を可能な限り追体験することに意味があります。モーツアルトを聴くように、じっくりと読み味わってみてください…最後に「檸檬爆弾」の爽快さを感じながら、「活動写真の看板画が奇体な趣きで街を彩っている京極を下って行」くことができたら、この小説を本当に読んだことになります。』


 

 

 この小説、《既製の美しい音楽・詩=華麗で、洗練されていて、過剰で、権威性を持つ 》と対峙することができ、等価値となり、そして、今まで誰も示したことがないオリジナルの《美》を描き出そうとしていると考えていいでしょう。それは《みすぼらしくて美しいもの》とされ、その具体的なイメージとして、裏通り・花火・檸檬・画本の上に据えられた檸檬檸檬爆弾の爆発があげられてるのです。それを楽しめるかどうか…です。太宰治が「富岳百景」で、《富士》に《月見草》を対峙させたのとアナロジーになると考えてもよいでしょう。ここでも二項対立のパラダイム、有効なんです。

 

 檸檬(梶井基次郎)1/2 seek deeply ! もっと深くへ! にリンク

 

高校国語学習支援サイト】向け