時には、がっつり

ふだんはおいしいものを少しずつ派だけど…

児のそら寝(『宇治拾遺物語』第十二話) もっと深くへ !

 

 

 

 「児のそら寝」、こんな読み方も…

 

 ぼたもちが食べられる、でも、いやしいと思われたくなくて出来上がる前に寝入ったふりをしていた。出来上がったので僧が稚児を起こすが返事をしたら狸寝入りしていたのがばれてしまう。結局、我慢ができず間の抜けたようなタイミングで返事をした。僧たちはみな笑った。

 


  「児(=稚児)」とは寺院などに召し使われていた少年のこと。僧たちの男色(男性の同性愛。古来、「少年愛」という言葉があるように世界中に存在した文化)の対象でもあり、美少年が好まれ、また、「児(=稚児)」たちは、僧たちの好みにそうよう、優雅に魅力的に振舞うことが期待されていた。

 「お稚児趣味」という言い方もあります。現在の先進国ではノーマルなことではないとされていますが?
 

 「かいもちひ」=ぼたもち。ぼたもちなんか何がいいの…?という感覚ではこのお話の世界に入っていけません。乏しい食糧事情の時代、めったに口にできない、しかも嗜好的な食べ物。

 「棚からぼたもち」て慣用表現があるくらいで、「ぼたもち」が「幸運」の比喩としても使われてもいます。

 この稚児たちは食べ盛りなのに、質素な食事のため常にひもじがってたという。「ひもじがる」なんて言葉、現在の日本ではほんとの意味では実感できなくて死語に等しいけど。
 でも、ほんとは「かいもちひ」て何か分からいないのです。でも日常的には口にできない嗜好的な食べ物であると理解していてよいと思います。

  

 

 

 上品・優雅に振舞い、僧たちにとって魅力的な稚児だけど、かいもちひが食べたいけど、いやしいとと思われたくなくてやせ我慢をしていたことに僧たちは気づいておかしく思った。つまり、稚児の地金が露見したのを見て、僧たちが失笑したお話になる。

 笑いの質は、ほほえましい、かわいい、いじらしいとはちょっと違ってくる。同種のお話、ほかにも書き残されています。

 

 

  古典を読み理解する際、作品が物語ろうとしていることに謙虚に耳を澄まして聞き取ろうとすることが大切。そのためには、21世紀のこの日本に生きている自分を絶対視しない、言いかえると、現代の常識や価値観から一旦離れ、過去の人々の生活・行事・制度・文化・嗜好・感覚・思考法などを知り、受け入れ、その世界を追体験することが大切なんです。古典を解説して、昔の人も現代のわれわれと変わらないなどと解釈する人もいるけど、異質な人間・社会・価値観を知り認めることが、むしろ心や感覚や思考を豊かにすることであり、古典を読む意味じゃないかなと思ったりします。
 

 

高校国語学習支援サイト】向け


-