時には、がっつり

ふだんはおいしいものを少しずつ派だけど…

絵仏師師良秀(宇治拾遺物語) もっと深くへ !

 

 

  このお話は今から800年ほど昔(鎌倉時代)に、言い伝えられてきた話を書きとめられたものだけど、当時の人たちがおもしろく興味深いと思っていたから言い伝えられ、しかも、書きとめられたわけですよね。800年前の日本人がどういう点を面白いと思ったんでしょう。

 知識を得て、想像力を働かせて、できうる限り800年前の日本人を追体験してみましょう。

 


 ここで話題にしている「良秀がよじり不動」が、当時の人たちにはありがたい仏画というだけではなく、抜きん出て迫力がありすばらしい絵であると広く知れ渡っていたと考えられます。でも、「良秀がよじり不動」て、現在残っていません。「不動明王」の絵であることは間違いないようです。

 「不動明王」とは、仏法を守護する五大明王の一つ。燃え盛る火炎を背負い悪魔を寄せ付けまいと立ちはだかる降魔〈ごうま〉の相を表現するもののようです。火炎のよじれ燃えるさまが超写実的に描かれていたのでしょうね。当時の誰もが知っているような評判高い仏画であることを、このお話の前提としてし理解する必要があります。

 


 我が家が燃えているのにうなずき笑っている良秀を見て、人々がいぶかしがる。すると良秀が言うーーー我が家が火事になったことで、火炎の描写法を悟ることができた。そして、優れた絵を描くことが出れば冨を得ることができ、家一軒燃えたことなどなんでもない。さらに、高い職能を持つ自分と凡人とは違うのだーーーと。ここに見られるのは、絵仏師として仏画に対する執心の強さと自負心=職人魂といってよいでしょう。


 

  当時の人々が、あの「良秀がよぢり不動」は、やはり常人とはかけ離れた良秀という職人だからこそ描くことができたのだろうと、感心もし納得もしたのでしょう。この常人とはかけ離れた良秀の言動が素朴だけど生き生きと語られているんですね。

 現代では職業による文化の違いはさほどなくなったが、でも、多くの人たちがサービス業やデスクワークに従事する現在でも、職人は独特の価値観や考え方や美意識を持っていることも事実。良秀はそんな職人の典型ともいえるんじゃないでしょうか。


 家の中に取り残された「妻子」はどうなるの…人命軽視ではないか…冷たい人だ…というような現代のパラダイムや関心の持ち方からでは語られていない。800年ほど前の人々が興味深く思うよう話が組み立てられているのでしょう。

 


 芥川龍之介がこの話を元ネタにして「地獄変」という小説を書いたことは教わりましたよね。生活の現実や倫理や教訓などにとらわれず、純粋に美を追求するものが芸術だという芸術至上主義を語るのにぴったりのお話。

 

 

  もとの良秀はちょっと違って、仏画を描いて生計を立てる職人のお話。ただ、生活のために仕事をするというのではなく、仏画に対して常人には理解できない並外れた執心を持つ職人ぶりと職人の論理に当時の人々は感心したとも言えるのでしょうか。

 

  

高校国語学習支援サイト】向け